白い狭苦しい星や中くらいの星や大きめの星が集まっていて

紺色のトートバッグの公に、白い色合いの小さかったりまさか大きかったり講じるお星様が一面に描かれているすてきなのがありました。

乏しい星や中くらいの星やちょっと大きめの星があるんですよ。

それらの星ぼしが著しくのほほんと丸く集まった状態に描かれていらっしゃる。

星ぼしの間は案外つまってはいなくて、ちょうどいいくらいの余地まが開いていますね。

ですから星がぎゅうぎゅうという感じはしなくてゆったりしている感触があって、それがいい感じなんですよね。

そこに斜めに著述ボディーで白い色合いの英文が書かれている。

その言葉のすぐ下におけるちょっと大きめの白い星が模型として効いていますね。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り